ベビー用品で守る赤ちゃんの健康|肌ツヤ綺麗にスクスク育つ

実は乾燥していた

赤ちゃんのうるぷる肌に落とし穴

赤ん坊

赤ちゃんの肌って触ったことありますか。本当にモチモチでうらやましくなります。でも赤ちゃんの肌ってとっても乾燥しやすいってご存知ですか。実は赤ちゃんの肌は大人の2分の1から3分の1の厚さしかありません。そんな肌にタオルをゴシゴシ押し付けたり、石鹸で皮脂を取ってしまったりすると、どんなことになるか想像できますよね。そして、赤ちゃんの乾燥の原因はそれだけではありません。2ヶ月ほどまでは皮脂の分泌量が多く、乾燥肌と言うよりはオイリーな感じで、乳児湿疹などの原因になりますが、その後はどんどん減っていき大人の分泌量よりも少なく、乾燥しやすいと言うデータがあります。そんな乾燥から赤ちゃんの肌を守る方法はどんなものがあるのでしょうか。

肌を乾燥から守るために

赤ちゃんの肌は何もしないままではうるうるぷるぷるになってくれません。適切なケアが必要となってくるのです。どんなことが必要になってくるかと言うと、一つめは皮脂を過剰に取りすぎないこと、二つめは保湿が大切になってきます。例えば皮脂を過剰に取りすぎないために、低刺激の泡が出てくるようなシャンプーを使ったり、洗い方もゴシゴシと力を入れるのではなく、触れるか触れないかぐらいの優しさで洗うとことが大切になってきます。保湿も化粧水タイプ、クリームタイプ、オイルタイプなどいろいろなタイプがあるので、その赤ちゃんにあったものを見つけてみてください。最後に、あまりにもひどい場合には病院に行ってお医者さんに診てもらうということも必要になってきます。